光脱毛

とある光を毛根部のメラニン色素に当てると、光エネルギーがメラニンに作用して吸収されますが、後に熱エネルギーに変換され、そこから放出される熱が発毛組織を破壊。これで脱毛を実現する方法が光脱毛です。

病院などで行う場合はレーザー脱毛となり、エステで行う場合よりも出力が小さくなります。

全て脱毛しようとするときには、若干レーザー脱毛よりも回数がかかりますが、その分かなり格安です。

また男性の場合は完全な脱毛を望まない場合も多く、毛の減り方の様子を見ながらということが多くなります。

また毛色が濃く太いという毛質のほうが効果が出やすくなりますので、そのようなことから考えても、この脱毛方法は男性の脱毛には向いています。

この脱毛を受けた後のお肌はなめらかになり、毛穴も目立たないので、脱毛以外のメリットもあると好評な脱毛方法です。

ワキなどに行った場合は、ワキの匂いが軽減されたなどの、嬉しい副作用が起こることもあります。

脱毛足

所要時間と回数

ヒゲの場合は両もみあげ、フェイスライン、鼻下、口下、顎、顎裏、顎下首と細かくわかれている場合も、ヒゲ全体と大きく捉えている場合もあります。

それぞれが10分から15分ですが、大きな範囲で「ヒゲ全体」とした場合は、20分から30分程普度が所要時間となります。

へそ周辺や胸全体等の場合も30分から40分程度と考えていいでしょう。

料金設定はコースになっていたり都度払いだったり、部位の分け方も様々ですので一概には言えないのですが、毛質から見て女性よりも数段割高になります。

それはやはり毛の量が全く違うからなんですよね。

都度払いのエステを例にあげると、顔全体(両頬鼻下顎の3箇所)で1回30000円。

両ひじ下で20000円程度、胸とへそ周りセットで40000円。

これは割と高めの設定なので、探せばそれ以下のエステもたくさんあります。

安いには安い値段設定の、高いには高い値段設定の、それぞれ理由がありますので、自分が納得出来るエステを選んでみるといいと思います。

どちらがいいということも、一概には言えないのです。

また何回通えば納得出来る脱毛になるのかというのも個人差があります。

こういうことを知るためにカウンセリングがあるので、ぜひカウンセリングを受けましょう。

そこで契約する必要はありませんので、何件か行って自分にあったものを探すのが得策です。