胸毛とへそ周りのムダ毛

胸毛とへそ周りというのは、全部なくすというのが理想的だと、女性目線のアンケートではいわれています。

まだ女性からの印象が大切な男性であれば、全部脱毛するというのがオススメ。

カミソリは肌を痛めますし、シェービングでは伸びてくるときの肌触りの悪さが、印象を悪くします。

もし「もう女性に見られることもないから気にしない、男性からの印象も気にしない」ということであれば、エチケットの範疇としては、シャツのボタンを2つ程度外したときに見える範囲は脱毛、という感じで仕上げると印象としては良いものとなります。

もちろんシェービングでも構わないと思いますが、お手入れを怠ったときに伸びかけが見られるというのもなんか嫌なものですよね。

毎朝のヒゲソリの時にちゃちゃっと剃るということも出来る箇所ではありますので、伸びる速度や伸びてくるときの違和感などがガマンできるようであれば、その方法もありだと思います。

しかしまだ若く、今から彼女を見つけるぞ!というような男性は、ツルッとしている胸板のほうがウケが良く、へそ周りのムダ毛に至ってはあると嫌悪されるものだということは知っておいたほうがいいでしょう。

銀座カラーの脱毛プラン

胸毛とへそ周りは全て脱毛。。。他には?

胸板とへそ周りのムダ毛がエチケットかと言われると、人目にさらされる可能性がある部分はエチケットの範疇、それ以外は女性ウケを考えて脱毛という事になると思います。

また長年自分のムダ毛をうっと惜しく思っていた男性も、どんな年齢であっても脱毛するのには賛成です。

そういう視線で考えると足のムダ毛も、見せる環境であれば除毛、減毛はエチケット。

それ以外が「女性からの視線を気にしましょう」という範囲に入ると思われます。

また忘れてはならないのが、VIOの脱毛です。

VIOはいよいよ女性の視線を意識する部分となると思うでしょうが、それがそうでもないのです。

入院や手術などを受けるようになったとして、しばらく排泄介助があるとします。

その時にVラインの毛が爆発しているのは、ちょっと恥ずかしく感じるでしょう。

また重要なのがO部分と臀部です。

排泄の介助をするときに、周りに付いてかなり厄介なものです。

それを高齢者でもないのにしてもらうというのは、大変恥ずかしいものですし、できるだけ手間を掛けたくないという気持ちにもなります。

人間ドックを受けるような年齢になれば、おしりからカメラを入れるなんてこともありますし、おしりを人に見せるという機会は結構あるのです。