クールビズの影響で

クールビスの影響は、男性のムダ毛処理を「エチケット」と見る風潮に拍車をかけました。

また30代後半になってから20代の時よりもヒゲが濃くなり、毛質も固くなったと感じる男性も多く、ムダ毛を気にするのが若い男性のみならず30代40代の男性も気にかけるようになりました。

女性が多い職場であれば、上司として女性社員からの人気は出世にも響きます。

そこにムダ毛が少なからず影響するのも、致し方ないことです。

また「セクハラ」は受け止め方という面が作用しているということは、周知の事実です。

同じことをされても清潔感がある男性であればセクハラとは受け取らず、不潔感がある男性が行ったことならセクハラということがあるのです。

まぁ、考えれば理不尽ですが、それが現実ですから仕方ありません。

特にクールビスが推奨されている職場であれば、センスがものをいうようになりますので、ダサければ女性からの支持が得られません。

まして無駄毛の処理などがマズければ、もっと嫌がられてしまいます。

2750円で両ワキとVラインを脱毛する裏ワザ|大阪編

クールビスで見られるようになったムダ毛

クールビズで露見するようになった男性のムダ毛の一番は、やはり腕毛だと思います。

しかしその腕毛が多いというのは、まだ許容範囲です。

ワイシャツやポロシャツの首周りから見える胸毛や背中毛というのが、一番視線が釘つけになる箇所だろうとは思います。

まずそこが気になり始め、とうとう腕毛や手の甲の毛まで目が行くようになってしまうという経緯だと思いますよ。

女性は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という言葉のように、一つ気になりだすと、全部が気になってくるのです。

かといって次の日にいきなりツルツルになったなら、それはそれでその不自然さを笑われてしまうわけです。

なのでワックス脱毛などはおすすめできません。

それに後々のケアが長引くようなものは、男性には向きませんよね。

毛抜きで行えば毛嚢炎やイングロウが心配ですし、カミソリは更に肌荒への負担が大きい。

肌荒れも「不潔感」を増長させてしまいます。

シェービングが肌には比較的負担がない「自分で行うムダ毛処理」です。

しかし、毎日のように行わなきゃいけないという手入れは、男性には不向きかもしれません。