アンケートによると

そのころ。。。というのは2009年あたりですが、シックジャパンが男性に対して行なったアンケートによると、ボディシェービングを行う理由の1位は「肌を露出するときに気になるので」というものでした。

複数回答OKのアンケートであったようですが、この1位の理由はダントツの64.1%。

2位の「水着になるとき」という理由が18.3%ということを考えると、どれほど人に与える印象を気にしているのかが伺えます。

また2010年にはフィリップエレクトロニクスジャパンの女性に対して行なったアンケート、「男性の体毛の好感が持てるイメージについて」では、52.8%の女性が「清潔感がある整った体毛」という回答を選択しています。

2位は18.6%の「体毛がほとんどない状態」

3位が15.6%の「薄くて長さの整った体毛」

4位の「ワイルドだが長さの整った体毛」は8%で、「ワイルドでボリュームのある男性」「薄いが伸び放題の体毛」に至っては2.6%と2.4%なのです。

脱毛エステワキ

「整った」というのがミソ

このアンケートからもわかるように、「整った」というのが大前提です。

その上で「清潔感がある」というのが、とても感覚的な言葉ではありますが大切だということが、見て取れますよね。

「全部なくして欲しい」とまでは言わないのですが、それでも「体毛が殆ど無い男性が好印象」は18.6%ですから、とにかく無いほうが好ましいがそこまではいないのでせめて整えて!という意味だと受け止めていいでしょう。

そこに「トリミング付きの男性ボディーシェーバー」が発売されれば、その製品に対して関心が高まります。

またこのシェーバーのプレゼンテーションも巧みで、毛を全て沿ってしまうシェーバーと、数ミリ残してカットするというトリマーの使い分けを世の男性に提案していました。

女性が最も敬遠する「胸毛やへそ周り」にはシェーバーを使い、腕の毛やすね毛にはトリマーを使うのです。

同じ場所でも長さを変えるなどして、自然な毛の印象を与える方法なども紹介されました。

わざわざ刈り揃えているという一生懸命な感じを相手に悟られないというところも、男性にとっては安心感になったことでしょう。

「わざわざムダ毛処理をしている」と見られるのも、今までしたことがない男性にとっては、気恥ずかしいものなのです。